ドラムコーチングスクール【Not Normal】

DRUM COACHING SCHOOL

どこでもゴースト入れちゃいます Ghost notes in phill!

著者:Masatoshi. Takada

どこでもゴースト入れちゃいます Ghost notes in phill!

どうも。ドラムコーチの高田です。

今回は、どこでもゴースト入れちゃいますということで、

フィルにゴーストを入れるというやつをご紹介したいと思います。

 

ゴーストノートってのは便利もので色んな場面で使えます。

なきゃないでも良いんだけど、

やると何となくおしゃれだし、

自分ってなんかすごいことしてる感があるので、

やってる本人はすごく満足です。

 

ドラムをやってない人には絶対に気づかれないけど、

知る人ぞ知る的なそんなテクニックです。

ドラマーはそういうことがしたくなるんです。

 

それでは動画と併せてご覧ください。

 

 

 

一応こちらでも譜面を用意しますね。

まずはゴーストノート無しバージョンから。

よくあるフィルですが、ここにゴーストを入れて行きます。

 

こちらの譜面の音声では分かりにくいかも知れませんが、なんとなく少しオシャレな感じがしませんか?

これをやるにはパラディドルがある程度出来ないと難しいと思います。

パラディドルの基本パターンをひたすら練習です。

 

続いて今度はダブルを入れたパターンを見てみましょう。

一見難しそうですが、1拍半フレーズが出来るとこれは簡単に出来ると思います。

ダブルストロークも必須テクニックとなって来ます。

これはもうゴーストというより、こういうフレーズです!感が強くなってますね。

 

次はゴーストではないですが、バスドラを足して力強さを出して行きましょう。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

同じようなフィルもゴーストを入れてニュアンスを変えると、面白い感じになりますよね!!

このゴーストはこのフィルに限らず、色んなフレーズに入り込んでいけるので、ぜひ試してみてください!

 

 

ポイント

・隙間を埋めて行くところから最初のステップが始まる!まずはお気に入りのフィルの隙間をゴーストで埋めてみてください。きっといつもと違う自分を発見できるはずです!

・ダブルストローク、パラディドルの基本練習は欠かさずやりましょう!こういったフレーズに限らず、ドラムの表現を広げるうえでこの2つは必ず必要になって来ます。絶対やった方がお得です。

 

 

 

それでは今回はここまで。

後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました!

質問等がございましたら、LINE@かメールフォームにコメントください。必ずご返事致します。

 

LINE@ドラムコーチングスクール【Not Normal】

友だち追加

メールフォーム

著者について

Masatoshi. Takada administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。