ドラムコーチングスクール【Not Normal】

DRUM COACHING SCHOOL

4種類のストローク Four types stroke

著者:Masatoshi. Takada

4種類のストローク Four types stroke

どうも、ドラムコーチの高田です。

今回は、4種類のストロークを紹介します。

 

こんなところに書くと

「4種類ってなんだ?」と思う方もいるかも知れませんが、

 

なんてことはない。

基本中の基本のやつです。

 

 

ダウンストローク。

アップストローク。

タップストローク。

フルストローク。

 

 

 

はい。がっかりした方が何名か出て行ってしまってかも知れませんww

 

経験者の方は当然知ってると思いますが、今回は初心者さん向けの話になります。

私も今回の記事を書くにあたり、悩みました。

「どうやって文章で説明すんのよ」

そう思ったのですが、

 

動画の紹介も兼ねて、記事を書かせていただくことにしました。

文章ではかなり分かりにくいと思いますので、

動画と併せてご覧ください。

 

 

 

まずは、ダウンストローク。

スタート位置:この場合のスタート位置のこの位置をハイポジションと言います。正確には細かい角度等がありますが、ここでは割愛致します。

停止位置:この場合の停止位置の位置をローポジションと言います。3cm~5cmの高さに置くのが基本です。

 

ハイポジション ➡ Hit!! ➡ ローポジション = ダウンストローク

 

こういう公式になります。

ダウンストロークは主にアクセント、大きい音、音を強調させるために使うことが多いです。

 

 

 

 

次にタップストローク。

ローポジション ➡ Hit!! ➡ ローポジション = タップストローク

 

タップストロークは、基本的には小さい音で叩きたい時に使います。ゴーストノート、ノーアクセントで叩く場合に使うことが多いです。

 

 

 

 

次にアップストローク。

ローポジション ➡ Hit!! ➡ ハイポジション = アップストローク

 

アップストロークは、小さい音で叩きたい時に使いますが、その次にダウンストローク、フルストロークに転回していきたい時などに使います。

 

 

 

最後にフルストローク。

ハイポジション ➡ Hit!! ➡ ハイポジション = フルストローク

 

フルストロークは、アクセント、大きい音、音を強調したい時などに使い、次にダウンストロークへの展開、フルストロークを連続したい時などに使います。

 

 

以上が4種類のストロークになります。

初心者の方は何となく叩いている場合が多いので、この基本を頭の片隅に置きつつやると良いと思います。

 

練習フレーズです。

 

先程の4種類のストロークを連続で行います。

譜面の表記一覧です。

D = ダウンストローク

T = タップストローク

U = アップストローク

F = フルストローク

 

順番は、決まっている訳ではないですが、この順番が一番やりやすいのでこの手順でやりましょう!

右手、左手と交互に行います。

 

ポイント!!

・一打一打丁寧に叩きましょう。

・ローポジションが高くなりやすいので、低くするよう意識しましょう。

・タップ、アップの音量は、小さくしましょう。小さい音で叩く練習も非常に大事です。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

ドラムプレイは基本的にはこの4種類のストロークで構成されています。

この組み合わせを色々変えながら、フレーズを生み出しています。

ただ当校ではあまりここにこだわり過ぎず、自由な表現を目指していますので、頭の片隅にでも入れておいていただけると有難いです。

詳しくはまた別の記事で紹介しますね!!

 

 

今回はここまで!

 

 

 

最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました!

質問等がございましたら、LINE@かメールフォームにコメントください。必ずご返事致します。

 

LINE@ドラムコーチングスクール【Not Normal】

友だち追加

メールフォーム

著者について

Masatoshi. Takada administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。