ドラムコーチングスクール【Not Normal】

DRUM COACHING SCHOOL

シングルストロークのアクセント移動(基礎編)Basic Accent movement

著者:Masatoshi. Takada

シングルストロークのアクセント移動(基礎編)Basic Accent movement

どうも。ドラムコーチの高田です。

今回は、アクセント移動です。初回はシングルストロークです。基本的なやつです。マニュアル本に載ってるような。

でも初心者の方がここで挫折してしまう方も多いので、気合いで乗り越えましょう。

youtube動画と併せてご覧ください。

youtubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCWYYAUcLF90EF9tQaiUZc_A

 

動画では、まとめて紹介してるので、ここでは分解して紹介しますが、

まずは聞いてみてください。

テンポ80

 

 

そうしましたら、

1拍の16分音符に対して1~4番と番号を付けてください。(頭の中でいいので)

まずは1番にアクセント。

次に2番にアクセント。

次に3番。

最後に4番です。

 

ただこれを順番にやってるだけです。

まずは1個ずつ練習しましよう。

音符の行列を見ると頭が痛くなるという方はこのように一つ一つ分解すると体に入って行きやすいです。

 

分解しても難しいという方。ご覧のようにアクセントが右手、左手と移っていきます。アクセントが上手く出来ないという方は、こちらから練習してみてください。

D=ダウンストローク  U=アップストローク

ダウンストローク、アップストロークが分からない方はこちらを参照ください。

 

では続けて行きましょう。

テンポ80

 

ポイントは、

1.折り返し地点の4打目と1打目が連続でアクセントになるので注意。

2.体の中でしっかりアタマを取ること(テンポのこと)アタマを見失うと、自分が譜面上のどこにいるか分からなくなります。

3.左のアクセントは全て16分ウラ、つまり「ウタンタ」の「タ」位置にしっかりハマるよう意識。力を入れると遅れちゃいます。テンポが速くなると、特に。

 

速くします。

テンポ90

 

さらに速く。

テンポ100

 

 

いかがでしたか?

やっぱり速くなると難しいですよね?

 

今回はアクセント1発のものでしたが、これを2発、3発と増やし、アクセントを移動させると色んなフレーズが出来ますよ!

ぜひご自分で考えてやってみてください!

そうすれば練習も楽しくなります!

 

それでは今回はここまで。

 

 

 

最後まで記事をご覧いただき、ありがとうございました!

質問等がございましたら、LINE@かフォームでコメントください。必ずご返事致します。

 

LINE@ドラムコーチングスクール【Not Normal】

友だち追加
お問い合わせフォーム

著者について

Masatoshi. Takada administrator

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。